事業復活支援金の事前確認

当事務所での事前確認実施は5月24日までとさせていただきます。

事前確認のご依頼の前に

・一時支援金または月次支援金を受け取ったことのある方(企業)は、事前確認は不要です。

・商工会議所会員、銀行から融資を受けている場合は、そちらで確認してもらった方が無料かつ簡単です。

・顧問税理士がいる場合は、そちらで確認してもらえば提出書類が少なくてすみます。

当事務所では、給付申請で提出する帳簿書類のアドバイスまで行っていますので、どうしても有料となってしまいます

それでもかまわない、というかたは当事務所にご依頼ください。

リモート対応

事前に書類をメールで添付して送っていただくこと前提ですが、

Zoom、GoogleMeet、MicrosoftTeams、LINEなどのリモートでも事前確認可能です。

スマホからでもOKです。

事業復活支援金の事前確認・申請サポート

申請サポートも行っています。

事前確認は、「給付申請できる要件がそろっているか」を確認するものです。

給付申請は、申請者の方がご自身で、申請要領に指定されたとおりの手続きを行っていただく必要があります。

もし、

  • パソコン操作が苦手
  • 書類をスキャンしてといわれても、そんな機械うちにはない
  • 入力するものが多すぎて、よくわからない
  • 少しお金を払ってでも、確実にスムーズに支援金が欲しい
  • 何回やっても”不備”って言われて、心が折れそう

そんなときは事前確認だけでなく、給付申請全般をサポートします。(別途サポート料金がかかります)

※ 高額で申請代行する無資格業者もいるようですのでご注意ください。
  書類の作成(この場合はPCの操作)・申請の代行は、法律で行政書士にしか認められていません。

料金

事前確認のみ

事前確認料金 11,000円(法人の場合は22,000円)

※ 料金は前払いとなります。

※ 初回無料相談の対象外となります。

※ すべての書類がそろっていることが確認の前提です。

※ 事前確認で不適切となった場合、および事前確認では適切となったが支援金事務局の判断で却下された場合でも、返金はできません。

事業復活支援金申請サポート

サポート料 22,000円

※ 事前確認に別途11,000円かかります。

※ もしも給付金が支給されなかった場合、サポート料金は全額返金します。

※ 出張サポートも可能ですが、別途出張料金がかかります。

事前確認で準備しておくもの

仮登録はお済みですか?

事前確認の前に、こちらから申請の仮登録を行ってください 

仮登録が済むと申請IDが発行されます。

申請IDは事前確認に絶対必要となりますので、必ずメモしてお持ちください。

書類をすべて準備してください

事前確認には、事務局が発行しているリーフレットに載っている書類すべてが必要となります。

 【必読】登録確認機関による事前確認のご紹介

いちばん面倒なのが、

必要書類の[3] 2018年11月から対象月までの各月の帳簿書類 だと思います。

  • 現金商売なので、請求書とか銀行の振込記録とかない
  • 売上台帳がない、ノートに手書きでメモはしてあるけど大丈夫?
  • 会社を設立したばかり
  • 確定申告書の控えを無くしてしまった

などで、リーフレットで指定された書類が提出できないときは、事前確認の問い合わせ時に必ずお申し出ください。

代わりの書類を用意することで事前確認できる場合があります。

※注意

給付を保証するものではありません

事前確認では、給付申請できる要件がそろっているかどうかの判断を行います。

これで申請が済んだわけではありませんので、事前確認後必ずご自分で給付申請を行ってください。

給付の決定は事業復活支援金事務局が行います。

関連記事

初回相談無料。お気軽にどうぞ。050-6861-7330お電話受付時間 10:00-21:00 [ 土日除く ]

メールで問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です