補助金申請サポート

補助金申請代行

ものづくり補助金・持続化補助金・事業再構築、千葉県・市町村の補助金など

あたりまえのことを誠実に

登録手数料とか、よくわからない高額料金の請求は一切しません。

着手金だけもらって後は適当になんてしません。数打ちゃ当たる式の事業計画書は作っていません。

千葉限定だからできる情報密度

メジャーな補助金だけでなく、千葉県・県内各市町村の補助金など、千葉で使えるさまざまな補助金を提案できます。

資金調達もサポート

補助金は後払いです。

支給より先に設備の購入資金や運転資金が必要になります。

融資(信用保証協会)申込も併せてサポートできます。

行政書士は補助金の申請代行ができる唯一の国家資格です。が、当事務所では丸投げはお断りしています。

こんなとき補助金が使えます

補助金は「もらうもの」ではなくて「活用するもの」。やらなければならないことのために補助金を活用しましょう。

  • いまの技術を生かした別事業をやりたい
  • 販促にもっと力を入れて売上アップしたい
  • オンライン営業、ネット販売を導入したい
  • もっと性能のいい設備に切り替えたい
  • 生産性が上がるツールを導入したい
  • SDG’sを意識した取り組みをしたい
  • 店を引き継ぐのを機に事業改革した

ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金・持続化補助金・事業再構築補助金の申請代行

御社にマッチした補助金を提案できます

補助金は「事業再構築補助金」「ものづくり補助金」「持続化補助金」などメジャーなもの.
都道府県・市町村・国の外郭団体などが出しているものなどたくさんあります。

そのなかから業種・事業の内容など御社にマッチしたものをご提案できます。
ご自分のところで使える補助金はないか、とお探しのときは当事務所にお問い合わせください。

「補助金」について知る

最初にひとつだけ専門用語の説明: [ 採択 ] 

補助金の審査を通過し、支給対象として認められること。ただし、この時点で補助金が振込まれるわけではありません。

① 採択前に契約・着工・購入などをしてしまうと、補助の対象とならない

 見積書をとるところから支払いの完了まで、すべて採択後に実施したものでなければ、

たとえ採択されたとしても補助金は支給されません。

申請前にすでに契約・着工・購入などをしている、

あるいは申請書を提出後採決が待ちきれなくてやってしまったときは補助の対象外となります。

新しい取り組みの開始を補助金の採択の時期に合わせなければならない、

補助金を活用するには、情報収集とスケジュール調整が大切です。

② かなり厳しい審査がある

補助金は給付金や支援金とはまったく違うものです。

補助金は、困っている企業にお金をあげて助けてあげましょうというものではありません。

誰でも申請さえすれば受けとれるというわけではなく、事業計画を作成し、審査を通過する必要があります。

審査で点数が高い案件から採択されていきますので、厳しい競争となります。

③ 後払い

補助金は、申請が採択された後に計画したとおりの事業を全額自己負担で実施します。

それが完了し、実際にどれくらい経費がかかったか確定してからの支給となりますので、「後払い」が原則です。

後払いなので、「資金が不足しているので補助金を使って購入したい」ということができません。

申請してから補助金が振込まれるまで、6ヵ月~1年かかります。

前にも言いましたが資金繰りには十分な注意が必要です。

融資のことも考えておく

補助金申請の準備と並行して設備の購入代金等の借入を金融機関に打診しておけば、

補助金が採択された段階で融資を受け、実際に支給されてから返済するということも可能です。

当事務所では融資のサポートも行っておりますので、ご相談ください。

補助金は、支援金や助成金と違い、自分でがんばってもらえるのもです。

補助金を考えたら、最初にやること

まず、「何をやりたいのか」「どうやって実現するのか」をざっくりでもいいので考えておくことが前提です。

① GbizプライムIDの取得

GbizプライムIDは、行政機関へのオンライン手続きに使うログインIDです。

申請はオンラインでしか受付けていない補助金(現状ほとんど)、

郵送でもいいがオンラインで申請すると加点(審査の際のボーナスポイント)されるもの、

などがあり、補助金を申請するならこのIDを取っておくことが必須となります。

GbizIDを取得する

② 資金繰りを検討する

補助金は後払いです。

採択のあと全額自己負担で計画どおりの事業を行い、それが完了し支出の報告書を出してから確認があって、ようやく支給されます。

実際に入金があるまでの間の運転資金があるか、事業の途中で頓挫しないか、資金繰りを検討しておく必要があります。

資金が足らなくなることが予想される場合は「つなぎ融資」も検討しなければなりません。

③ 申請サポート業者の選定

採択される事業計画書の作成には(良心的な業者なら)時間と手間がかかります。

また、補助金の給付の流れを確認しておくことも含め、早めに相談することをおすすめします。

事前に「経営力向上計画」・「経営革新計画」など、審査の際の加点(ボーナスポイント)となる認定の取得もできれば有利です

選び方のポイントについてはこちらで解説

補助金を受け取るまでの流れ

1 公募期間
補助金にはいろいろ種類があり、それぞれ期間を定めて申請を受け付けています。
その情報を調べて、目的や要件にあう補助金を選定します。
2 事業計画の策定
補助金申請のカナメとなる「事業計画書」を作成します。
申請する補助金の趣旨とマッチしていること、その他いろいろな検討が必要です。
3 補助金の申請
申請書とともに事業計画書やその他必要書類を添付します。
インターネットによる電子申請のみ受付という補助金も増えています。
4 審査と採択の決定
申請する補助金によって異なりますが、2割~5割程度が採択(審査通過)され公表されます。
5 本申請(交付申請)
説明会等に出席し簡単な面談の後、「交付申請」をして最終的に申請が認められます。
6 申請した事業の実施と実績報告
補助金の申請をしたとおりの事業を、まず自己資金を支出して実施し、
その内容や、実際にかかった経費を指定された方法で報告します。
きちんと実績報告しない場合や、申請内容と実施した内容が食い違うと、補助金が交付されない恐れがあります。
7 補助金交付
実績報告が審査され、適正に実施されたと認められれば、補助金額が確定し交付されます。
つまり、補助金は後払いです。
補助金を活用して、販路拡大しましょう

ちょっとしたことでもご相談ください。初回相談料は無料です。

補助金は公募の期間が限られているので、それに合わせて申請準備をしておかなければなりません。

また、申請から交付まで半年~1年ほどかかります。

ですので、早めに専門家にご相談されることをおすすめします。

(また、早めであれば当事業所で採択の可能性をアップする方法もご提案できます。)

コロナ禍のいまだからこそ、

会社の未来(なりたい姿)に向かっていくために、積極的に補助金を利用してほしいと思っています。

サポート料金

補助金申請サポート・採択までの場合

着手金

50,000円(税抜)

成功報酬

補助額の10%(税抜)

補助金申請サポート・支給までの場合

着手金

50,000円(税抜)

採択時成功報酬

補助額の15%(税抜)

※ 初回相談料は無料です。

※ 上記はおおよその目安です。補助金の種類や補助金額、採択の難易度によって成功報酬額は変わります。

  初回相談のあと御見積を出しますので、料金にご納得いただければ契約をお願いします。

相談のしやすさを第一に

初回相談無料。お気軽にどうぞ。050-6861-7330お電話受付時間 10:00-21:00 [ 土日除く ]

メールで問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です