失敗したくないときの創業融資サポート。①「これなら融資できる」と納得させる事業計画が作れます。②面談が怖くなくなります。③ポイントを押させた準備ができます。

創業融資サポート

「これなら融資できる」と納得させる創業計画書が作れます。

Point
1

面談が怖くなくなります。

Point
2

融資のポイントを押さえた準備ができます。

Point
3

本気で創業融資を考える人ほど、いろいろ悩みます

ネット情報をそのまま信頼できる?

ネット情報がたくさんあっても、肝心のことがわからない

初回の無料相談で、申込手続きの流れと必要なものがわかります。

「開業までどんな準備をしたらいいか」とリンクさせてご説明します。

創業計画書は自分で作成したほうがいい?

審査が厳しいって聞いた、
面談が不安

初経営の初心者に無担保・無保証人・低金利で事業資金を貸すのですから、とても厳しいのは本当です。

でも、きちんと準備さえしていれば意外とすんなりいくのも本当です。

この書類、どう書いたらいいかわからない

創業計画書をどう書けばいい
数字が苦手

成功例とかいうネット記事のコピペは危険です。代行業者にまるごと作ってもらっても、面談で詳細を説明するのは本人。

自分の想い・書きたいことを、専門家に引き出してもらうことをお勧めします。

審査に通る理由が、ここにあります

納得してもらえる計画書を作るため、とことん打ち合わせします。

あなたのパフォーマンスを最大限に引き出した創業計画書を作成します。

当事務所はお客様と細かく打ち合わせしながら創業計画書を作成していきます。テンプレートや他社の計画書の使い回しはしていません。

創業者の熱意・あなたの個性が反映されている創業計画書は説得力が違います。
「これなら融資できる」と審査担当者を納得させる事業計画が完成します。

面談が怖くない

「面談」に向けて自信がつきます。

当事務所のお客様は、緊張はなさいますが自信をもって面談に臨んでいただいています。なぜなら、創業計画書作成の打ち合わせで自分の考えがきちんとまとまっているから。
即NGワードといわれる「作ってもらったのでわかりません」がないからです。
さらに面談の想定問答を実施、持っていくものチェックもします。
何を話すか分かっていればもう怖くありません。

分でやると見落とす部分を徹底カバー

自分でやると見落とす部分を徹底カバー。

融資の審査では、自己資金をどうやって貯めたか、ローンやクレジットカード・税金の支払遅れはないかなど、いろいろ細かいことがチェックされます。
「そんな条件があるなんて知らなかった」では済まされません。ここで涙をのむ方も大勢います。
それらを事前にチェックし対策しておくことで「思わぬ落とし穴」で失敗するのを防止します。
これが失敗しないための鉄則です。

開業に必要な営業許可、補助金も、まとめて申請代行できます

申請代行

行政書士(行政への申請代行のできる国家資格)なので、
営業許可申請、会社設立手続、補助金申請代行も専門業務です。

創業準備はただでさえ忙しいもの。
はっきり言って経営者自身がやる仕事じゃない、
面倒な許認可申請は行政書士事務所に丸投げしてください。

サポート料金

初回相談料

無料

書類作成手数料

80,000円(税抜)

成功報酬

融資額の2.0%(税抜)

「書類作成手数料」は融資サポート開始時にいただきます。

「成功報酬」は融資金がお客様の口座に振込まれてからのお支払いです。まんがいち融資に失敗した場合は1円もいただきません。

よくあるご質問 & 創業融資についてもっと知りたいとき

当事務所について

融資成功率が書いてありませんが、どれくらいですか

当事務所では、問題を抱えている方(他の業者で断られた方)でも熱意があればサポートをお引き受けしています。
また、融資を減額された場合は成功としてカウントしていません。
ですので、”融資のプロ・驚異の成功率97%!!!”などという広告と比較しても意味がないので、公表していません。

強いて言うなら「ほぼ期待どおり」、また信用情報ブラックの人でも満額融資という実績もあります。

完全成功報酬制ではないのですか

一時、完全成功報酬制としたのですが、弊害が多く融資成功率が下がってしまったため、
いまはサポート開始時に書類作成手数料をいただいています。(そのぶん成功報酬は安いのですが)

料金はいつ払う?現金を用意しておく必要はありますか

まず、初回相談は無料ですので現金をご用意いただく必要はありません。

書類作成手数料は、サポートを依頼することを決めたらお支払いください。

成功報酬は、融資が成功し融資金が振り込まれたのを確認したのち請求させていただきます。

面談の同行はしてもらえますか

当事務所ではということではなく、専門家の同行はおすすめしていません。

「自分の事業を説明することさえできない社長」という印象を与えかねませんし、
返済について何の責任もない「融資のプロ」が流ちょうに説明しても逆効果だからです。

創業融資全般について

相談のしやすさを第一に

初回相談無料。お気軽にどうぞ。050-6861-7330お電話受付時間 10:00-21:00 [ 土日除く ]

メールで問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です

関連記事

創業融資の基礎知識

日本政策金融公庫・信用保証協会の創業融資について。手続きの流れ、審査のポイントを解説。