自分で創業計画書を書くときの発想ヒント集

当事務所で実際に使用している、ヒアリングシートと同じものです。

何を書けばいいか悩んでいる、どう書いていいかわからない、というときは、この質問に回答してみてください。

自然と考えがまとまっていくはず(たぶん)。

説得力のある創業計画書が出来上がるだけでなく、創業後、事業を成功させるために効果絶大です。

創業計画書記入

創業計画書の「必要な資金と調達方法」の書き方もあわせてお読みください。

最初は文章になっていなくともかまいません。思いつくままに書いてください。

1. 創業の動機

① なぜ、その事業をしたいのでしょうか(その事業を選んだ理由、その事業でなければいけない理由)

                                                

                                                

② 創業を決意したきっかけは何ですか?(たとえば「もっとお客様に喜んでほしい」なら、そう思った

具体的エピソードまで)

                                                

                                                

③ なぜ今のタイミングで開業しようと思いましたか

                                                

④ なぜその場所で開業しようと思いましたか、その場所でなければいけない理由は。

                                                

⑤ その事業で、誰のために、何をしてあげられますか(きれいごとでかまいません)

                                                

                                                

2. 創業者の経歴(創業する事業の経験値)

具体的にどのような仕事に従事してきたか、その会社やそのポストで何を学んだのか、その経歴を今回の創業にどう生かすことができるのかなど。

開業に役立つスキルであれば、学歴、アルバイト等の経験も教えてください。

会社名 (部署名)勤務年数どのような立場で、どんな仕事をしましたか習得した知識、技術、ノウハウ
          
          
          

3. 取扱商品、サービスの内容、技術の特徴

① どんな人を対象としたビジネスですか(性別、年齢、趣味嗜好などできるだけ絞り込んで)

  また、お客様がその商品・サービスを利用する動機(目的)は何でしょうか。

                                                

② 商品・サービスの品揃えは (顧客のニーズに合わせて厳選、品揃えが豊富など)       

                                                

③ 商品・サービスの機能、品質、デザインは (国産のこだわり、熟練の技術など)

                                                

④ 商品・サービスの価格帯は (低価格、高級商品専門など)

                                                

⑤ 店舗の内装、広告、ホームページ等を通してお客に持ってもらいたいイメージ・雰囲気は

                                                

4. セールスポイント

① 創業者、創業する会社の強みは(自分が得意とすること、自分のお店にしかできないことは)

                                                

                                                

② お客があなたの商品・お店を好きになってくれると思う理由は

                                                

③ 販売エリアはどうやって決めましたか、その場所で売れる理由は

                                                

④ どのような販売方法ですか、またどうやってお客に存在を知ってもらいますか

                                                

⑤ 取引先・取引条件等(販売先などがすでに決まっている、安く仕入れることができる、人脈や

信用があるなどの場合)

                                                

⑥ その他、コストや納期・材料ロス削減の工夫など、売上・利益アップにつながるものがあれば何でも。

                                                

5. 市場・競合について

① 市場について

・その業界は、どの程度の需要が見込めますか、また新規参入が簡単にできそうですか

                                                

・近年、業界に変化はありましたか(ニーズの変化、新しいニーズや顧客層、新技術の登場など)

                                                

② 競合他社の状況

・あなたのビジネスの競合といえる会社は周囲にどの程度ありますか            社くらい

・あなたのお店のライバルになると思える会社の特徴はどうでしょうか

 競合A社競合B社
商品・ サービス“メニューが豊富”  ”品質は並程度”      
価格“高級路線” ”低価格中心”    
販売エリア“店舗近隣のみ” ”近隣の市町村まで”      
宣伝方法“大型看板”  ”ネット広告”      
特徴・印象“国道沿いの大型店舗” ”老舗で知名度が高い”  “ファミリー向け”  ”スイーツが充実している”  ”各種割引がある”          

6. その他

創業者、会社の「弱点」と感じられるものはありますか。また、心配事はありますか。

                                                

創業計画書のまとめ方

記入し終わったら、これを文章としてまとめていきます。

1回目はだらだらの文章になると思います。

気にしないで何回も読み直すと、「ここをこうしたらいいかな」という部分が見えてきます。

具体的な注意点は他の記事でも触れていますのでご参照ください。

出来上がった文章は、たぶん、A4用紙2~3ページ分くらいになると思います。

公庫の『創業計画書』フォーマットで書き切れないときは別紙で記載することも認められていますので、無理して縮める必要はありません。

書けたら誰かに読んでもらいましょう

ひととおり文章としてまとまったら、それを友人、知人、先輩経営者などに読んでもらうことを強くおすすめします。

読み込んで意見をもらうのではなく、「ざっと読んでみてほしい」と言います。

”(直感で)なんとなくこう感じた”というのがいちばんいいアドバイスです。

それをきっかけに、足りてないところ、自分では気づいていなかった強みなど、いろいろわかってくるかもしれません。

創業計画書・創業融資についてのご相談

創業融資の基礎( 融資成功に直結する7項目)

公的創業融資の種類、融資の流れ、創業計画書作成の基礎と、準備しておくべきことがらについて。創業融資を受けたいと思ったときにまず知っておくべきことについてまとめています。

もっと読む

出張相談・リモート対応

ご自宅、駅前のカフェなどご希望の場所へ訪問します。千葉市内は出張無料。zoom・GoogleMeet対応。

平日夜・土日でも相談可

平日夜21時まで、土日のご相談にも対応しています。お問い合わせの際に、ご希望の日時をお伝えください。

初回相談無料

初回相談料は無料です。また、相談したら必ず当事務所に依頼しなければいけないということはありあません。

初回相談無料。お気軽にどうぞ。050-6861-7330お電話受付時間 10:00-21:00 [ 土日除く ]

メールで問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です