メリットが多い「経営力向上計画」の認定

経営力向上計画とは

「経営力向上計画」とは、中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)が、

人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、自社の経営力を向上するために実施する計画です。

これを作成して所轄官庁(経産省など)に提出し、認定してもらうことで、

国から税制や金融の優遇措置・支援等を受けられるようになります。

「経営力向上計画」のメリット

その1 設備を導入するときの固定資産税優遇措置

(優遇措置の根拠となる『中小企業経営強化税制』の期限が20210年3月31日までとなっていますので、いったん削除します。)

その2 政府系金融機関による低金利融資など

 経営力向上計画が認定された事業者には、資金調達について支援があります。

これらを希望するときは、認定の申請を出す前に金融機関との相談が必要です。

①日本政策金融公庫による融資

経営力向上計画の認定を受けた事業者が行う設備投資に必要な資金について、特別金利の適用となります。

貸付限度額(国民生活事業)7,200万円(うち運転資金4,800万円)
貸付利率運転資金は基準利率、設備資金(土地及び建物に係る資金を除く)  については、特別利率C
(基準利率および特別利率Cは変動しますので、日本政策金融公庫のホームページでご確認ください。)
返済期間 設備資金20年以内、長期運転資金7年以内(据置期間2年以内)

②信用保証協会の特例

 経営力向上計画の実行にあたり民間金融機関から融資を受ける際、信用保証協会による別枠での追加保証や保証枠の拡大が受けられます。

(新商品・新サービスなど「自社にとって新しい取組」(新事業活動)およびM&A等による事 業承継の場合に限ります。)

その3 事業承継等に係る登録免許税・不動産取得税の特例

 認定計画に基づき合併、会社分割又は事業譲渡を行って、土地・建物を取得する場合には

「登録免許税(印紙代)」、「不動産取得税」の軽減を受けることができます。

中小企業庁パンフレットより

その4 法的支援

①事業承継を行うことを含んだ経営力向上計画が認定された場合は、事業のための許認可をそのまま引き継ぐことができます。

 ただし、対象となる業種は 

   旅館業/建設業/火薬類製造業・火薬類販売業/一般旅客自動車運送事業/一般貨物自動車運送事業/一般ガス導管事業

事業譲渡の際の免責的債務引受けの特例

 ひらたく言うと、簡単な手続きで、事業を譲渡したものに債務は残らないようにできる。

その5 補助金の優先採択

 小規模事業者持続化給付金などは審査の際の加点項目にあげられていますので、

最低でも経営力向上計画の認定を受けておく必要はありそうです。

補助金の申請についてはこちら

その6 国の「お墨付き」による信用

 経営力向上計画は、所管大臣あてに申請し認定を受けます。受けていること自体が社会的評価につながります。

認定の申請について

 基本的には、経営力向上計画申請プラットフォームからの電子申請となります。

注: 申請に先立って、電子申請用のID(gBizIDプライム)を取得しておく必要ががあります。これには1~2週間かかります。

郵送の場合は、こちらから申請書等をダウンロードしてください。

なお、紙で提出する場合の押印は不要となりました(2020年12月18日より)。

計画書の作成

経営力向上計画申請プラットフォームから行います。

1.まず最初に、「日本標準産業分類」で、自社に該当する事業分野を確認します。

次に、「事業分野別指針」を自社の属する業界を選択して、内容をよく読みます。

<「事業分野別指針」が策定されている事業分野(業種)については、当該指針を踏まえて策定いただく必要があります

と指示されているため必須です。

 2.計画書を作成(入力)していきます。主な内容な以下のとおりです。

 ①企業の概要

 ②現状認識

 ③経営力向上の目標及び向上の程度を示す指標

 ④経営力向上の内容

 ⑤(事業承継等を行う場合)事業承継等の時期及び内容

申請から認定まで

・申請から認定まで約30日かかります(所管する省庁が単一である場合。複数省庁にまたがる場合は約45日)。

・不動産取得税の軽減措置又は許認可承継の特例を利用される場合は、さらに関係行政機関における評価・判断に日数が必要となります。

・経営力向上計画で導入予定の設備は、認定を受けてからでなければを取得することができませんので十分注意してください。

この制度のメリットを最大限受けたい場合は、申請時にまでに関連する官庁や金融機関に相談して、注意すべき事項を聞いておくことをおすすめします。

経営力向上計画のことは宇井行政書士事務所にお問い合わせください。

出張相談・リモート対応

店舗、ご自宅、駅前のカフェなどご希望の場所へ訪問します。千葉市内は出張無料。zoom・GoogleMeet対応。

平日夜・土日でも相談可

平日夜21時まで、土日祝のご相談にも対応しています。お問い合わせの際に、ご希望の日時をお伝えください。

初回相談無料

初回相談料は無料です。また、相談したら必ず当事務所に依頼しなければいけないということはありあません。

「ホームページを見た」とお伝えください050-6861-7330お電話受付時間 10:00-18:00 [ 土日祝除く ]

メールでお問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です