略歴

宇井行政書士事務所代表の 宇井 一 (うい はじめ)です。

話しやすい人、とお客様や周囲から言っていただけるのですが、自分自身のことを話すのはたいそう苦手です。

・1965年千葉県生まれ。

・高校卒業後、税理士を目指して専門学校に進むも電卓が苦手で挫折。進路変更し、法学部卒。

・東京都内で、プログラマー、専門学校講師を経て、IT企業役員などを勤める。

・45歳になって地元に戻り、ホテルの設備管理、ごみ焼却施設の運転など、作業現場で汗を流す。

「行政書士になったきっかけ」

平穏な日常を送りたいと願っていても、どんなところにも面倒な人はいますし、揉め事は起こってしまうものです。

私の場合は、父が亡くなり、10年以上続いてた土地問題(いわゆる遺産相続争い)を引き継ぐことになってしまったのがそうでした。

その泥沼のさなか、偶然、行政書士を主人公としたコミック「特上カバチ!」(櫻井翔さん主演でドラマ化もされた)を読んで、これだ!と思ったんです。法律知識と国家資格、対モンスター用として装備したい。

きっかけはどうあれ、その後、行政書士が仕事になりました。

行政書士以外の資格

すべて仕事で必要だったものです。資格マニアということではありません。

IT系の資格(更新していないものもあるので参考程度)

 ・マイクロソフト認定プロフェッショナル

 ・情報処理技術者(国家試験)

 ・公認システム監査人 

 あとはマニアックすぎるので割愛

土工・建設その他の資格(ペーパーライセンスもあり)

 ・クレーン運転(5トン未満)

 ・土木建設重機運転(TOKIO城島さんが持っているやつ)

 ・ガス溶接、アーク溶接

 ・第二種電気工事士

 ・消防設備士

 ・危険物取扱者

いろいろな経験がいまの仕事を支えています

 図らずも、会社の規模による質の違い、職種による方法論の違い、経営者と従業員・サラリーマンと作業員の考え方の違い、収入格差、いろいろな「違い」を見てきました。

おかげで、知識とか経験というだけでなく、その会社、その職種、その人が感覚として理解できるようになってきました。

思い込みや偏見なしに相手の話が聞けること、これが行政書士の仕事に役立っています。

行政書士について

行政書士って何する人?

ごあいさつをさせていただいたときに、「じつは、何をする人だか、いまいち分からないんですよ。」と言われることが多い職業なので、この機会に行政書士がどんな仕事をしているかご紹介したいと思います。