略歴

宇井行政書士事務所代表の 宇井 一 (うい はじめ)です。

話しやすい人、とお客様や周囲から言っていただけるのですが、自分自身のことを話すのはたいそう苦手です。

行政書士以前の略歴

・1965年千葉県生まれ。

・高校卒業後、税理士を目指して専門学校に進むも電卓が苦手で挫折。進路変更し、法学部卒。

・東京都内で、プログラマー、専門学校講師を経て、IT企業役員などを勤める。超のつく有名企業数社が取引先で、自分ではかなりイケてるエンジニアだと思っていた。

・45歳になって地元に戻り、ハローワークの窓口で「このへんにIT企業なんてありませんよ」と言われ愕然とする。外資系ホテルの設備管理、山の中にあるごみ焼却施設の運転など、作業員として現場で汗を流す。

行政書士になったきっかけ

平穏な日常を送りたいと願っていても、どんなところにも面倒な人はいますし、揉め事は起こってしまうものです。

私の場合は、父が亡くなり、10年以上続いてた土地問題(いわゆる遺産相続争い)を引き継ぐことになってしまったのがそうでした。

その泥沼のさなか、偶然、行政書士を主人公としたコミック「特上カバチ!」(櫻井翔さん主演でドラマ化もされた)を読んで、これだ!と思いました。

法律知識と国家資格、対モンスター用として装備したい。(”行政書士はあなたの街の法律家”(日本行政書士会のポスターより))

その後、先方が雇った弁護士先生ともスムーズに交渉することができ、ほぼこちらの言い分どおりで決着することができました。

きっかけはどうあれ、行政書士が仕事になりました。

行政書士以外の資格

すべて仕事で必要だったものです。資格マニアということではありません。

IT系の資格(更新していないものもあるので参考程度)

 ・マイクロソフト認定プロフェッショナル

 ・情報処理技術者(国家試験)

 ・公認システム監査人 

 あとはマニアックすぎるので割愛

土工・建設その他の資格(ペーパーライセンスもあり)

 ・クレーン運転(5トン未満)

 ・土木建設重機運転(TOKIO城島さんが持っているやつ)

 ・ガス溶接、アーク溶接

 ・電気工事士

 ・消防設備士

 ・危険物取扱者

行政書士としての仕事

いろいろな経験がいまの仕事を支えています

はからずも、大企業と中小企業の質、経営者と従業員の姿勢、サラリーマンと職人、エッセンシャルワーカー、収入格差、いろいろな「違い」を体験してきました。

技術とか経験よりも大切なことを学んだと思っています。

そして、お客様の立場で話が聞けるようになったこと、これが行政書士の仕事に役立っています。

地方を活性化しようとか、日本を元気にしようとかは言いませんが

企業はもっと儲けていい。

最初は個人事業でも一人社長でもいい、新しい芽が出て育ってほしい。

お店の代替わりをしても、もっと繁盛して欲しい。

そんな想いで、企業支援をメインに事務所をやっています。

ときに厳しいことも言ってしまいますが、本気でやってますので大目に見てやってください。

その他

ものづくり(のソフトウェアつくり)に長年関わってきたせいもあって、ものづくりが大好きです。

最近では、たぶん日本初(かな?)の『AIネコ顔認証システム』の製作など。当事務所の副代表のためだけに作りました。

代表プロフィール:宇井行政書士事務所
宇井行政書士事務所 副代表:にゃんた

初回相談無料。お気軽にどうぞ。050-6861-7330お電話受付時間 10:00-21:00 [ 土日除く ]

メールで問い合わせ 24時間受付中、土日祝でも大丈夫です