こんな仕事を始めるときは許可が必要です

 起業するとき、新しい事業を始めるとき、「これって許可いるの?」と迷わることもあると思います。

数千種類あると言われている許認可のうち、問い合わせの多い職種だけですが、一覧にしてみました。

※ 労働者人材派遣業、訪問介護などは行政書士が手続き代行することができません。意図的に掲載していませんのでご注意ください。

営業許可・届出が必要ない業種【ピックアップ】

 よく質問される、代表例です。

  • カイロプラクティック ※ホームページやチラシに”マッサージ”と表示してはいけません
  • 整体院 ※ホームページやチラシに”マッサージ”と表示してはいけません
  • ネイルサロン
  • エステサロン ※ただしシェービングは理容師免許が必要となるので注意
  • リラクゼーションサロン(アロマオイル・ボディーケア・リフレクソロジーなど)
  • 学習塾、英会話教室

営業許可・届出が必要な業種【ピックアップ】

 特に人気のある業種について簡単に紹介します。

業種許可などの種類と申請窓口備考
飲食店食品営業許可(保健所)許可を得るためには「食品衛生責任者」の資格を持った人を店に1人置くことが必要
なお、調理師免許は必須ではありません
バー
居酒屋
食品営業許可(保健所)
深夜における酒類提供飲食店営業開始届(警察署)
・お酒がメインで、午前0時を過ぎても営業する場合
・飲食店営業許可+深夜にお酒を提供する飲食店食品営業許可が必要
・ダーツなどのゲーム施設を置くと「ゲームセンターの営業許可」も必要な場合があるので注意
マッサージ
指圧
はり
施術所開設届(保健所)
当然、あんまマッサージ指圧師、はり師、灸師の国家資格が必要
ペット関連

動物取扱業の登録(保健所)・届け出先が都道府県動物愛護管理センターなどの場合もある
・事業所ごとに1名以上の常勤かつ専属の「動物取扱責任者」を置くことが必要
・トリミングサロンで動物を預かることがない場合は登録不要
・ペットタクシーや、ペットホテルなどで送迎を有償で行う場合は「運送業」の許可も必要

リサイクルショップ
古物商許可(警察署)インターネット販売・ヤフオクなどで大量・継続的に出品する場合も許可が必要
まつ毛エクステ美容所開設届(保健所)美容師免許が必要

許可が必要な業種代表例。(限定列挙です。ほかにも許可や届け出が必要な業種は多数あります。)

業  種許認可の種類
建設業(特定以上の規模)建設業許可
不動産業宅地建物取引業免許
電気工事業電気工事業開始届
旅行業旅行業登録
旅客自動車運送業旅客自動車運送事業許可
貨物自動車運送業貨物自動車運送事業許可
軽トラック運送業貨物軽自動車運送事業届出
自動車運転代行業自動車運転代行業認定
自動車整備業自動車分解整備事業認証
産業廃棄物処理業産業廃棄物処理業許可
酒類販売酒類販売免許
たばこ販売たばこ小売販売業許可
リサイクルショップ古物営業許可
古着屋古物営業許可
警備会社警備業許可
有料駐車場貸駐車場届出
スナック風俗営業許可
マージャン店風俗営業許可
質屋質屋営業許可
理容業理容院開設届
美容業美容院開設届
クリーニング店クリーニング所開設届
ホテル・旅館旅館業許可
民泊旅館業許可
倉庫業倉庫業登録

食品の製造・販売で許可が必要なもの

保健所に申請

自治体によってはこれ以外にも許可が必要な業種があります。

飲食店営業

喫茶店営業

食肉販売業、魚介類販売業、乳類販売業、魚介類競り売り営業

菓子製造業

食肉処理業、食肉製品製造業

清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業

氷雪製造業、氷雪販売業

酒類製造業

豆腐製造業

納豆製造業

麺類製造業

そうざい製造業

乳製品製造業

魚肉練り製品製造業

缶詰又は瓶詰食品製造業

アイスクリーム類製造業

あん類製造業、乳処理業、特別牛乳搾取処理業、、集乳業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、みそ製造業、しょうゆ製造業、ソース類製造業

食品の冷凍又は冷蔵業、食品の放射線照射業

その他

お米屋さんなどで年間20トン以上の販売があるときは農政局に届け出が必要

事前にご相談されることをおすすめします

たとえば、飲食店では店舗・キッチンカー・屋台といった営業形態でそれぞれ申請方法が異なります。

悩んだときは事前に保健所に相談するか、または当事務所に問い合わせください。

注意: こちらにあるのは、許認可の必要な業種のごく一部です。ここに書いてなかったらか許可が不要というわけではありません。

疑問のあるとき・迷ったときはご自分で判断なさらずに、専門家である行政書士に問い合わせてください。